亀のごとき歩み

中年から将棋をやり始めた人間の将棋の上達過程が綴れる・・・といいな

将棋読み物:棋士とAIはどう戦ってきたか

 

コンピュータ将棋がプロ棋士に追いつき、追い越していった過程が記してある本。

 

この先コンピュータ将棋がいくら進化しても、プロ棋士同士の対局とは別物であり、この両者は別々に歩んでいくことになるのだと思う。

プロの若手棋士達がAIに教えを請い実力を伸ばしているように、そもそもAIは人の生活を便利にするために存在しているものであり、AI対人間の勝敗自体に大した意味はないんじゃないかと思っている。

 

これから色んな分野で本書に記されたプロ棋士達と同じ経験をする人が出てくるかもしれない。これからのAIとの付き合いの仕方を考える上で必読の書ですね。